大勝ちした時の記事一覧

これは、今はもう豊川市に合併されてなくなってしまいました、
愛知県の小坂井町にあったパチンコ屋ME○HOでのお話です。

そのパチ屋は、駅から5分ぐらいのところにあるのですが、
その駅自体が寂れており、当時地元でもあまり知られていない
パチンコ屋でした。

 

僕も、そのあたりのパチンコ屋は回りつくしたかなと思った
あとにひょっこり、出てきた店でした。

そして、店のスペックといえば総台数200台そこらの
小型店で、客層はジジ・ババ中心のチョー僕好みの店でした。

 

ただ、等価交換だったので、当時低換金狙いの僕には、
関係ない店かな~と思ってました。

そして、その店に行って初めて打ったのが、
「たこ焼きはっちゃん」でした。

 

そう、ご存知の方も多いでしょうが、羽根物暗黒時代
(まったく羽根物が発売されない時代、しかしこのおかげで
ファインプレー、玉ちゃんファイトなど稼げる機種が残った)
を終焉させた機種です。

 

そして、久々の羽根物ということで、店も上手に
扱えなかったのと、

はっちゃんは役物が回転ドラム方式だったので、
Vゾーンの狙い打ちが可能でした。

 

当時、ファインプレーばかり打っていた僕は、
これぞ「我が意を得たり」といった感じで打ち込みました。

とは言っても、最初は普通に打っているだけで、4~5時間ぐらいで
8万の大勝ち!!あまりに興奮して、ソッコーその台のスペックを
調べ、上記のことがわかったという顛末でした。

 

それで、次の日からも朝から行きたかったのですが、その頃は
アルバイトもしながら(親の手前)パチンコ打ってたので、
行けませんでした。

しかし、バイトが終わるとすぐに駆けつけはっちゃんを打つ
という生活が続きました。

 

しかも、その店はジジ・ババ主体なので、釘調整も甘いんです。

ジジ・ババは打ち方すべてが甘いので、彼らが負ける台でも
僕はかなり勝てました。

時給1万ぐらいはあったと思います。

 

しかし、そんな夢のような生活もわずか1週間で幕を閉じたのです。

僕が関係してたのかはわかりませんが、新台なのにいきなりの撤去!!

終了です・・。

 

今思えば確かには「たこ焼きはっちゃん」は店にとっては扱いづらい
機種だったと思います。

締めても締めても、結構出ちゃいますからね。

 

それから、1年後ぐらいにほかの店で打った時も、ガチガチだな~
と思っても、勝てるぐらいにスペックが甘い機種でした。

はい、今回はそんな美味しい拾い物をした時のお話でした。

 

やっぱ、いろんな店にちょこちょこ顔を出すというのは、
大事だな~と思いましたね。

よかったら、あなたの爆勝体験も教えてください。

大勝ちした時