2013年1月の記事一覧

これは、多くの人が実践しているセオリー
だとは思いますが、僕は完全に空いてる店派でした。

だって、1日13時間とかいるわけですから、
パチンコ屋が家みたいなもんでしたからね。

ホントの家は、風呂に入って、寝てるだけ
のような状態でしたから
(お母さん・お父さんごめんなさい)

ですから、パチンコ屋の環境というのは
大事なポイントでしたね。

音楽もうるさくなく、光が入って暖かく、
ライバルも少ないというのがいい店の条件でした。

また、そういった良い環境の店って、おいしい台が
あるんですよね~。

煽るだけ煽って、という店で、まともに勝った記憶が
ないぐらいです。

ま、あとは当然ですけど空いてる店というのは、
普通は営業努力をして、店を盛り上げようとしますから
釘を開ける確率も高まりますよね。

それか、ほったらかしかどっちかです。

混んでる店は、絶対に搾り取ろうとします。

これは、パチンコ業界では絶対といっても
過言ではないでしょうww

そういう業界ですw

ということで、もし混んでる店しかいってない
という方は、ぜひ空いてる店も行ってみましょう。

新たな発見があるかもしれませんよ。

では、ありがとうございました。

ユダ流パチンコ必勝法

現役パチプロの皆さんに、パチンコのアドバイス
というわけではないですが、もしかしたら
何かのヒントになればと思いまして。

ということでタイトルにもありますように、
僕の必勝法のその①は、ジジ・ババ狙いでした。

これは、年寄りばかりがいる店を狙うということです。

やはり、ジジ・ババが主な客ということは必然的に
釘がゆるくなってくるんですよね。

年寄り相手に本気で絞めたら、誰も近寄って
来なくなってしまいますからね。

 

ですから、僕は年寄りが多い店、年寄りが多いシマ
に狙いをつけて打ちに行ってました。

今こうして改めて書いてみると、
なんか情けなくなってきます(;_;)

 

でも、これで実際勝率が上がりましたし、
狙いを付けやすくなったので、
時間効率も良くなりました。

僕って間違ってましたか・・・

それでは、ありがとうございました。

ユダ流パチンコ必勝法

こんばんは、ユダです。

今日は、僕の大好きな映画をご紹介します。

 

それが、この「パチプロ日記」です。

正直、僕は攻略マガジン派だったので田山プロの
日記は、ちょろちょろ読んでいるぐらいだったのですが、
この映画は、はまりました。

 

後の、「名人」こと斉木しげるが主演で
最高の演技をしています。

こういう映画が、アカデミー賞でしょう、ホントは。

 

制作も1997年ぐらいで、時代背景も泣かせるものがあります。

とにかく、面白いので一度見てみてください。

それでは、ありがとうございました。

パチプロ時代の思い出

はじめまして、元パチプロのユダと申します。

私がパチプロとして活動していたのは、
2001~2003年の2年間ほどです。

 

年齢にして、大学を卒業した23歳~25歳
といったところです。

池上蓮やおっとこまえ西に憧れ?
パチンコ攻略マガジンを貪るように読んでいた
のが懐かしく思われますww

 

活動スタイルとしては、当時住んでいたのが
愛知県ということもあってパチンコ屋は豊富に
あったので、6~7軒を適当にまわってました。

主に打っていた機種は、ファインプレー
ジャマイカ、ナナシー、サンスケ、コマコマ倶楽部
あとはCRを適当につまんでいくといった感じでした。

釘読みはそんなに上手じゃなかったですけど、
当時はまだまだ甘かったので、探せば勝てる台は
簡単に見つかってました。

 

特に、ファインプレーとかで日当5万超とかよくあって、
なんかよくわかんない世界でしたねwww

当時は車でホールに行っていたので、静岡に打ちに行ったり
愛知県の山奥のパチンコ屋(家はないのにパチ屋はあるww)
に行ったり、楽しい生活でした(この辺の、思い出も
お話していきたいと思います)。

 

ただ、このサイトでは、こんな私がどのようにして、
パチプロを卒業しネットで稼げるようになったかという
お話を中心にしていきたいと思います。

パチプロ生活は楽しいですけど、やっぱり不安だし、
疲れますからね(特に体が)。

 

ですから、パチプロやってるのもいいけど
他の稼ぎ方も知っときたいな~という人は
ぜひ、このサイトをチェックしてください。

それでは、ありがとうございました。

追伸:コメントいただけると嬉しく、頑張れますので
よろしくお願いします。

プロフィール