ジャマイカの記事一覧

藤商事から出されていた、ジャマイカもよく打ちました。

ジャマイカも時代的には、僕がパチプロやってた頃の
機種ではなく、僕がまだフツーに負けてた大学生の
頃のパチンコ台ですね。

 

1997年の発売です。

この機種に出会うきっかけは、当時の僕の愛読書
池上蓮の「パチンコ征服論」に掲載されていたからです。

 

もしくは、パチマガの方だったかも知れません。

どっちでもいいですが、そこで池上蓮がハマリっぷり、
負けっぷりをおもしろ、おかしく
書いていたので、打ってみたいな~と思っていたところ、
新城市の「ドリーム」に設置されていたんです。

 

東三河でも新城って相当田舎なんですけど、車をぶっ飛ばして
よく打ちに行ってました。

「ドリーム」もいい店で、客は少ないし(新城だからかなww)、
釘はいじってくれるしで、最高の環境でしたね。

 

そして、ここのジャマイカの良かった所は、なんと右側の
釘が最高になってる台があったんです。

その瞬間、普通に打ってる客は回らなくて負けて、右側の釘の状態を知ってる
僕だけが勝てるという、パラダイスが出来上がったのです。

 

まー、ジャマイカ打ってるのは多くて、2~3人でしたけどね・・。

「ドリーム」はその後、サンダーバードの左下入賞口が15個返し
だった時も、無調整の台があったりして、笑わせてくれましたww

 

正直、これは「勝てる!嬉しい!」というよりも、笑えました。

田舎のパチンコ屋だからできる無防備さというか、まさに古き良き昭和が
残っているような町が新城ですね。

 

さて、それでジャマイカですが、この台のポイントは液晶でしょう。

もう、この手の古めかしい液晶で、シンプルなリーチアクション、
そして、常に熱い(2段階大当たりのため)といい機種でしたね。

正直、右打ちでグルングルンだったんで、あまり負けた記憶がないです。

楽しかったな~。

☆ユダ☆が愛した機種