パチプロ時代の思い出の記事一覧

これは、ありそうでない話だと思うんですけど
どうなんでしょうかね?

 

実は、静岡の「パチンコ大学」という店に行って、
パックのジュースを自販機で買ったら、

賞味期限が切れていたというお話です。

0007405_20120219151300_89227_L
どうなんでしょうか?それぐらいは、普通にある話
なんでしょうか?

少なくとも、僕はその時一度だけですし、
賞味期限ギリギリというのも見たことがありません。

 

しかも、パックジュースって賞味期限長いでしょうにね。

ただ、そんな予兆はあったんです・・

 

その日は、なんとなく車を飛ばして静岡まで行って、
パチンコ屋を物色してたんです。

そしたら、もう潰れそうな、古臭~い店があり、
名前も「パチンコ大学」で、ソッコー入店しました。

 

そして、店内に入ると見たことのない機種がズラリ、
興奮しましたね~。

さらに、客が全然いないのに(関係ないか)今日のおすすめ台という
札が立っており、座るとグルングルン。

 

正直、台のスペックがわからなかったのですが、権利物で
これだけ回れば負けないと思い、というよりも単純に打って
みたかっただけですが、続行。

そして、可愛らしいアルバイトもいて、気分よく打ってて、
さてコーヒージュースをと思い、自販機に行って、買って、
戻ってきて、

「これで、賞味期限切れてたら面白いよな~」
もしくは
「賞味期限とか大丈夫なのかな~」

というこのどちらかの思いが、たしか出てきて
ふと確認したら、2~3日ではありましたが、
確かに賞味期限が切れておりました(゚д゚lll)

 

もちろん、どうでもいいし、面白かったんで、そのまま
飲みましたが、こんなことってあるんですね。

ぜひ、自販機のオペレーターの人の話を聞いてみたいです。

何%の確率で起こり得るのかということを・・。

パチプロ時代の思い出

これは、愛知県鳳来町のパチンコ屋での
出来事です。

たぶん、鳳来だと思いますが、もしかしたら
新城かも知れません。

当時、僕は愛知県東部地方を中心に打ってまして、
さらに僕の鉄則として、田舎へ行けば行くほど
勝てる店が見つかるというものがあり、
毎日、人気のない方へ、人気のない方へと向かってましたww

パチンコ屋が大量にある愛知県だから通用した
戦略かも知れませんが、後に埼玉などでも
田舎の方が勝てましたので、やはり人がいるところは
勝てないというのは一理あるかと思います。

そして、田舎の方へ店を探しに行きすぎて、
ある時山奥に入っていってしまったのです。

その山道は15分車で走っても、民家はまったくなく、
温泉宿が2~3軒あるかないかのところで、

「へ~こんな所も、愛知県にあるんだな~」

なんて、田舎育ちの僕が思うぐらいの場所でした。

でも、

あったんです。

家も、スーパーも、床屋も、医者も何もないのに

パチ屋がwwwww

「マジかよ~」

と半分叫んでしまったような気がします。

イメージとしては、竜宮城を発見した感じでしょうか。

そして、狐につままれたような気になりながらも
その店に入ると、客は二人ぐらいおり(今思うと人間じゃなかったのかな)
置いてある機種は、その当時に「レトロ機種」
と呼ばれていたようなものばかりで、知らない機種もありました。

そして、そんな不思議空間でパチンコを打ち、なんか出たので
換金することになってまた驚きました。

なんと、特殊景品が一つ200円だったのです。

当時でも、最小単位は500円でしたから、
これまたエポック・メイキングな感じでしたね~。

なんか、不思議な体験をしたような、お得な気分に
なれるパチ屋のお話でした。

今でも、あの店はあるのでしょうか?
知ってる人いたら、教えてください。

パチプロ時代の思い出

こんばんは、ユダです。

今日は、僕の大好きな映画をご紹介します。

 

それが、この「パチプロ日記」です。

正直、僕は攻略マガジン派だったので田山プロの
日記は、ちょろちょろ読んでいるぐらいだったのですが、
この映画は、はまりました。

 

後の、「名人」こと斉木しげるが主演で
最高の演技をしています。

こういう映画が、アカデミー賞でしょう、ホントは。

 

制作も1997年ぐらいで、時代背景も泣かせるものがあります。

とにかく、面白いので一度見てみてください。

それでは、ありがとうございました。

パチプロ時代の思い出