これは、多くの人が実践しているセオリー
だとは思いますが、僕は完全に空いてる店派でした。

だって、1日13時間とかいるわけですから、
パチンコ屋が家みたいなもんでしたからね。

ホントの家は、風呂に入って、寝てるだけ
のような状態でしたから
(お母さん・お父さんごめんなさい)

ですから、パチンコ屋の環境というのは
大事なポイントでしたね。

音楽もうるさくなく、光が入って暖かく、
ライバルも少ないというのがいい店の条件でした。

また、そういった良い環境の店って、おいしい台が
あるんですよね~。

煽るだけ煽って、という店で、まともに勝った記憶が
ないぐらいです。

ま、あとは当然ですけど空いてる店というのは、
普通は営業努力をして、店を盛り上げようとしますから
釘を開ける確率も高まりますよね。

それか、ほったらかしかどっちかです。

混んでる店は、絶対に搾り取ろうとします。

これは、パチンコ業界では絶対といっても
過言ではないでしょうww

そういう業界ですw

ということで、もし混んでる店しかいってない
という方は、ぜひ空いてる店も行ってみましょう。

新たな発見があるかもしれませんよ。

では、ありがとうございました。