これは、何かの本で読んだどこぞやのパチプロの言葉
だったと思うのですが、これを意識し始めてから
台選びが早く、確実になりました。

相当な釘師なら、全体をいじってとかいうこともできるのでしょうが、
今は釘師というのもいないらしいですし、店長とかが
片手間にやっているのなら、釘は簡単にいじるはずです。

 

だって、めんどくさいから。

パチンコ屋の店員って朝から晩まで一日中、大変な仕事ですよね、
それで閉店後に釘をいじろうと思ったら、なるべく少ない釘を
いじって効果を出したいですよね。

ですから、1本の釘を大きくいじるわけです。

 

それも、はかま左下、風車横、道釘端、へそとだいたいこの4~5本の
釘をいじるのが、回転率に影響を与えやすいです。

ですから、そこの釘が遠くから見てもわかるぐらい、ぐわっ~と変わってる台を
探すということを意識してから、台選びが簡単になりました。

 

特に、よりいい台を見つけたら、長期間稼ぐことができたので、美味しかったです。