元パチプロが昔の台(90年代)はよかったなぁ~と語るブログ

元パチプロ(96年~00年負け組、~02年パチプロ、~05年リーマン勝ったり負けたりプロ、引退)が昔を懐かしんでいるブログです。

☆ユダ☆が愛した機種

【パチンコ】羽根物☆ファインプレー☆が好きでした♥

投稿日:

僕が、パチンコの台の中で一番好きだったのは、
羽根物の初代ファインプレーでしょう。

ファインプレーは羽根物暗黒時代前、1994年に、マルホンから
リリースされた機種です。

 

その後、たこ焼き八ちゃんが2001年に発売されるまで、
長きに渡りホールで活躍していました。

当時のパチンコホールの羽根物はファインプレーと
玉ちゃんファイトというのが、相場でしたからね。

 

それで、ファインプレーなんですが、技術介入ポイントも多く
非常に勝ちやすい機種でしたね。

ストロークと、大当たり中の止め打ちで
普通の遊び台が、勝てる機種に変わるぐらいの
勢いがありました。

 

まず、ストロークですが今も変わってないと思うんですけど、
多くの台が打ってると玉の勢いが変わりますよね。

あれは、ハンドルのバネが馬鹿になってくるんでしょうか?www

そこで、微調整。

100円玉を500円に変えたり、パッキーに変えたりいろいろやりました。

これが、できるかできないかだけで相当変わってきます。

 

あとは、大当たり中のラウンド継続の止め打ちですね。

1・7ラウンドの止め打ちは当たり前ですが、15ラウンド
の時も、ヒットが上に来るタイミングで10個めの玉が
入ると、上に並んでる5個の玉が割れて、パンクすることが
多いので、15ラウンドでもしっかり止め打ちしてました。

 

しかし、ファインプレーにはお世話になりました。

パチンコのメッカ愛知県だったということもあるでしょうが、
1日打って5~6万勝つということが、月に2~3回ぐらいは
あったので、すごく立ち回りにプラスの影響を与えてくれました。

超ローリスクでミドルorハイリターンまで見込めるのですから、
(500円が5万とかってすごいですよね!)
ほかの台を打つ時でも、心の安寧感が違います。

 

あと、最高だったのは羽根と役物の間に、パチンコ玉が入り込み
常に羽根が開きっぱなしという状態で、半日ぐらい打てた時がありました。

この時は、あまりにも当てすぎるとホール側にすぐ見つかるので、
加減したりして打って、ドキドキしながら打ってました。

 

さすがに、数時間でドル箱タワーができたので、見つかりましたが・・

でも、僕は自分で箱を変える派で、従業員もそれをわかっていて、
近づかなかったからできた芸当なので、もし従業員に箱を変えてもらう
派の人は、自分で変えてもいいかもですwww

 

ではでは、これでファインプレーの思い出話を終わります。

よかったら、あなたの思い出も教えてください。

-☆ユダ☆が愛した機種
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

☆ユダ☆の愛した機種。今回は「ナナシー」です。

こんばんは、☆ユダ☆です。 今日は「ナナシー」なんですが、実はこの機種を取り上げる予定は 全くありませんでした。 まあ、予定自体が全くないんですがwww   でも、たまたま動画を見ていたら、 …

no image

【パチンコ】CRジャマイカもよく打ちました。

藤商事から出されていた、ジャマイカもよく打ちました。 ジャマイカも時代的には、僕がパチプロやってた頃の 機種ではなく、僕がまだフツーに負けてた大学生の 頃のパチンコ台ですね。   1997年 …

no image

THIS IS THE パチンコ ☆駒駒天国☆

駒駒天国は3回権利物で、「変態メーカー」と恐れられる、 豊丸産業から発売されていた機種です。 豊丸といえば、CR競馬天国優駿編が強く記憶に残ってます。   他のメーカーが大衆受けしようとして …

元パチプロ☆ユダ☆

ユダ